• ホーム
  • イベント
  • 「グリーン・ユニバーサル・デザインに挑戦!」 〜みんなで勉強しながら、緑のある思いやり駐車場を作っちゃおう!〜

「グリーン・ユニバーサル・デザインに挑戦!」 〜みんなで勉強しながら、緑のある思いやり駐車場を作っちゃおう!〜

開催日:

「すべての人と森をつなぐ」ことを目的にオープンするmorinos(モリノス)には、まだ思いやり駐車場がありません。
ないもの、欲しいものは、みんなで勉強しながら、楽しみながらつくちゃおう!ということで、今回は、「ユニバーサルデザイン(インクルーシブデザイン)」についてゲストから教わりながら、参加者とmorinosスタッフが一緒になってデザインして、作っちゃあおうという企画です。
森と人をつなぎたいmorinosが取り組むユニバーサルデザインだから、
「グリーン・ユニバーサル・デザイン(GUD)」と勝手に命名しちゃいました。

<思いやり駐車場設置予定場所>

詳細は決まり次第、追ってお知らせしますが、まずは第1報です。

【開催概要】
 日時:第1回:2020年7月30日(木)10:00-17:00
    第2回:2020年8月19日(水)10:00-17:00
 会場:morinos(岐阜県立森林文化アカデミー内 / 岐阜県美濃市曽代88) 
 対象:全国の自然学校やビジターセンタースタッフ&行政関係者
 定員:8名程度
 参加条件:全日程参加可能で、その後の整備作業にも積極的に関われる人
 参加費:6,000円(プログラム費。昼食は持参ください。お菓子やお茶の差し入れ大歓迎!)
 前泊:遠方の方は、敷地内のコテージに宿泊(前泊)可能です。
   シーツクリーニング代1000円のみで泊まれます。
     https://morinos.net/what-we-have/cotage/

 

さわって確かめる

ユニバーサルなプログラムについても考えましょう。
(写真は全盲の広瀬さんが触っている様子)

 

【ゲスト】五十音順

●安曽潤子(あんそ じゅんこ)さん
インクルーシブミュージアム代表
安曽

大学、大学院で古生物学(地質学)を専攻し、自然科学系の博物館で10年以上勤務。文部科学省の在外派遣でニューヨークの博物館にも。この間、障害をお持ちの方や、病院内学級の生徒、一人親の家庭や外国人など様々な状況の方が楽しめるワークショップやプロジェクトを実施。現在は博物館へのソーシャルインクルージョンに関する研修や、大学で博物館での教育や展示について教えている(福祉情報技術コーディネーター1級)。

 

●曽我部弘樹(そがべ ひろき)さん
一般社団法人日本ユニバーサルデザインライフ協会
曽我部
昭和41年、出生時の呼吸困難で脳性小児マヒに。以来、四肢言語障害とともに、両親の介助の下、日常生活を送る。
養護学校での文字盤・電動タイプライタ・タイプアートとの出逢いから“自己表現の重要性”を知る。
現在は、これまでの経験、これまでの思い、これからの想いを、大切に社会へ“発心”しようと、
色んな垣根を越えた芸術文化活動や商品開発活動等のアドバイザー、人・物・思いを『つなぎ~つながる活動』の真っ最中!!

●広瀬浩二郎(ひろせ・こうじろう)さん 
国立民族学博物館グローバル現象研究部准教授
hirose
自称「座頭市流フィールドワーカー」。1967年、東京都生まれ。13歳の時に失明。
筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。2000年、同大学院にて文学博士号取得。
専門は日本宗教史、触文化論。01年より国立民族学博物館に勤務。
現在はグローバル現象研究部・准教授。「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の
実践的研究に取り組み、“触”をテーマとする各種イベントを全国で企画・実施している。
最新刊の『触常者として生きる』(伏流社)など、著書多数。

【全体の流れ】※変更する可能性があります。

1回目:2020年7月30日(木)10:00~17:00 
   「ユニバーサルデザイン(インクルーシブデザイン)ってなぁに?」
   <前半>
    安曽さんからのユニバーサルデザイン全般についてのミニレクチャーの後、
    morinosの周りを安曽さん、広瀬さん、曽我部さん、子連れ母ちゃんらと
    一緒に歩きながら「ここが使いにくいんだよね」「こうなってるといいなぁ」
 というような生の声を聞きながら今まで気づかない視点に気づく。

   <後半>
    実際に作る予定の「思いやり駐車場」の与件を発表し、デザインをチーム
    毎の宿題とする(1チーム4名程度を想定)

2回目:2020年8月19日(水)10:00~17:00
    「ユニバーサルに(インクルーシブに)デザインしてみよう?」
    宿題の共有(コンペ)をして、その後ゲストからのコメントを参考にしながら
    最終的なデザイン案を作り上げる。
    その後、必要資材の決定、その後の作業日程の決定をする。

3回目以降:2020年??????(後日調整) *
   資材が揃ってから、早速みんなで作業開始!完成するまで続きます。。

●申込方法————————————–

申込フォーム
↑こちらに必要事項を入力の上、送信ください。

●問い合わせ先————————————–

岐阜県立森林文化アカデミー 森林総合教育課(morinos)
受付担当:大武圭介(おおたけ・けいすけ)

〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地
Tel:0575-35-3883
E-mail: npo@wens.gr.jp


morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP# 501-3714 JAPAN
Phone : +81- (0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals