炊事場(オアシス)

 

morinosのすぐ正面には、「オアシス」という名前の炊事場があります。

 

 

 この建物は、もともと森林文化アカデミーの木造建築専攻の学生さんが

自力建築というプロジェクト授業の一環としてコンペから始めて、職人さんに

教わりながら 他の学生たちと一緒に自力で建てたものです。

そんなオアシスですが、morinosのプログラムや森林文化アカデミーの実習の際に使います。

燃料となるのは「薪」。山からいただく貴重な資源です。

 

 

ここで主に使っている薪は、森林文化アカデミーの演習林から伐った丸太を

学内の製材棟で角材にした時に出た「あまり(パンの耳のような部分)」

 こんなことができるのも森林文化アカデミーならではのこと。森林文化アカデミーの

中では、森の木がいろいろな姿に変わって無駄なく循環しているんです。

 

 そう、「森からゴミは出ない」んです。

 

 

 そんな炊事場には、かまどやシンクだけでなく、2019年に、パーマカルチャーの

プロジェクトとして、市民みんなで一緒に作ったアースオーブン(ピザやパンが焼ける窯)

や、ルーフ・トップ・ガーデン(屋根の上のガーデン)があります。

 

 

 このアースオーブンや、ルーフ・トップ・ガーデンは、これからのmorinosの象徴の

ひとつで、「自分たちの空間を、楽しみながら、学びながら創る」という活動そのものなんです。

 

 

 元々はアカデミーの学生さんが建てた炊事場ですが、

そこを起点にみんなの手でいろんな要素が加わり、

そしていろんな人が集い、素敵な空間がどんどん創られ、幸せの輪が広がっていきます。

 

 それでこそ本当の「オアシス」になるんでしょうね。

 

 

 

 

 

morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP# 501-3714 JAPAN
Phone : +81- (0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals