ツキノワグマの掌・足剥製標本づくり1回目

開催した日:

 近年、ニホンジカなど野生鳥獣による森林被害や交通事故が増加する中、有害駆除されるニホンジカやツキノワグマは、一部がジビエ料理などで有効利用されるものの、他はほとんど利用されません。

 中でも足は有効利用されることはなく、廃棄物として処分されます。そこでツキノワグマの掌・足で剥製標本をつくり、毛皮の肌触り教材、足跡づけによるアニマルトラッキングのサンプルとしての利用を目指します。【以下、剥皮した骨などがありますので閲覧注意です】

左からニホンジカ、ニホンイノシシ、ニホンツキノワグマ

左からニホンジカ、ニホンイノシシ、ニホンツキノワグマ

 

 今回は1人で掌と足(つまり前足と後ろ足)の両方を剥製標本にします。この標本は有害駆除されたツキノワグマで、それをー20℃で60日ほど冷凍保存してあります。

 寄生虫の駆除にはー20℃で20日以上保存するのが理想的で、今回は全員が防刃手袋とゴム手袋を装着して、万が一の感染予防にも気を配りました。

骨と肉を抜くのに挑戦する参加者

骨と肉を抜くのに挑戦する参加者

 

 メイン講師の田中正至さんが、皮にナイフを入れる位置、皮を剥ぐ時の刃物の持ち方、肉の削ぎ方など細部にわたって指導されました。

 そして進捗状況が滞っている人には、そっと手を添えてスピードアップのコツを指導されたのです。

メイン講師の田中正至さんが各自の伸長状況に応じて手助け

メイン講師の田中正至さんが各自の伸長状況に応じて手助け

 

 右下に女性が取り出した掌(赤いもの)と足(白っぽいもの)が写っています。

 赤いものは掌(前足)でこれは罠にかかったため、血液がうっ血しているのです。また後ろ足は脂肪がたくさんあるため余計に白っぽく見えます。

大きな個体の足標本づくりに挑戦中の参加者

大きな個体の足標本づくりに挑戦中の参加者

 

 剥いだ毛皮を1つの容器に入れて、洗濯洗剤を入れて、全員で踏み洗いします。1人で40回ほど踏んで、バトンタッチです。

 1回目は容器内の水が茶色く濁るほど汚れが出ました。すすぎも念入りに行い、脱水すれば1段階目終了です。

剥がした皮を踏み洗い中

剥がした皮を踏み洗い中

 

 脱水した毛皮は「鞣し液」に浸漬させるため、各自の毛皮にタグ(名札)を縫い付けます。黄色い絹札に名前を書いて、三角針と剥製専用の糸で縫い付けます。

脱水した毛皮にタグを縫い付ける

脱水した毛皮にタグを縫い付ける

 

 ツキノワグマとシカの足も剥皮したご家族は、お子さんが鞣し液投入前に記念撮影。

 この後に右下のガラス容器に入れられ、これから1週間管理させて頂きます。

鞣し液にツキノワグマとシカの毛皮を入れるお子さん

鞣し液にツキノワグマとシカの毛皮を入れるお子さん

 さて、来週はこの鞣し液から取り出した毛皮を再び洗濯して、ある程度乾燥させたら、縫合と木毛の充填です。楽しみ楽しみ!

 以上報告、JIRIこと川尻秀樹でした。


morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスlineページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP #501-3714 JAPAN
Phone : +81-(0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals