連携講座 アーボリストへの道『Basic Arborist Trainning-1』

開催した日:

 安全な樹上作業のための専門技術者研修 Basic Arborist Training-1(BAT-1)

 morinosの連携講座の中で安全な樹上作業のためのアーボリスト・トレーニングを2日間にわたって開催しました。

今回の参加者の皆さんと記念撮影

今回の参加者の皆さんと記念撮影

 今回の参加者は岐阜県内の林業事業体や造園業の方、新潟や埼玉からの参加者の他、奈良県で林業就労している森林文化アカデミーの卒業生です。

 スタッフはJIRIをはじめ、ATI(Arborist Training Institute:アーボリスト®トレーニング研究所)のトレーナーである宇治田直弘さんと近藤紳二さんをお招きして、樹上作業のためのBasic Arborist Training-1(BAT-1)を開催しました。またアシスタントとして岐阜県の下西さんと大平さん、新城市の梅岡さんも参加して下さいました。

クライミングシステムを説明する宇治田さん

クライミングシステムを説明する宇治田さん

 「アーボリスト」とは、樹上などで樹木の生育を促したり、樹勢回復させたり、剪定したり、伐採し たりできる技術者集団です。

 日本では中部大学教授であるDr. John Gathrightさんが、アーボリストの世界組織でアメリカに本部があるあるISA(International Society of Arboriculture)の理事でもあり、そのJohnさんの指導のも と、世界レベルの安全性と技術をお伝えするATIによる講習会です。

  なおATI日本で唯一、世界組織であるISAに認められた団体です。ここから、安全の技術や樹木に関する知識、世界の技術水準、ロープワークや使用機材など様々な事柄について、実技を中心に学びます。
 メイン講師の宇治田さんはISAの世界大会(ツリークライミングチャンピオンシップ)に2回、日本代表選手として出場しており、この道の第一人者です。
 その宇治田さんからスローラインの投げ方、トラブルシューティングなどを学びました。
スローラインの練習

スローラインの練習

 現場で装着するGear説明、そして基本のDRT(ダブル・ロープ・テクニック)システムについて、それぞれの特質について説明。 ブレイクスヒッチやディステル、シュワビッチ、プーリーシステム など、数多くについて説明を受けました。

 森林文化アカデミーの木造建築専攻学生が中心となって建設した「自力建」の建物の一つ「こならの小径」を利用させて頂きました。自力建設、本当に役立ちます。

自力建設内でロープワーク

自力建設内でロープワーク

 参加者は慣れない横文字、Throw、Head Ache、 Bark Check、 Bounds Check、 Climbing up、 Climbing down、 Open Rope、 Blakes などなど、頭の中を駆け回ります。

 更に、JIRIから樹木のこと、安全に作業するためのポイント、近藤さんからは無駄のない樹上 作業のためのポイント指導。覚えることは数多くあります。

 樹上作業時に利用するランヤードの使い方も学びました。

ロープへの荷重の掛け方練習中

ロープへの荷重の掛け方練習中

 

 クライミングの基本は「Low&Slow」、それは何を意味するか。プルージック、シュワビッシュ、クレムハイストの特性は何か? どこに荷重をかけて、何に注意してクライミング練習するのか、ポイントをしっかり学びます。

 使用するGearの強度22KNは80kgの人が5m落下した時の衝撃荷重に相当。カラビナは樹上から道路などに一回落下させて傷が付いたり、金属疲労が入れば、即廃棄です。

 樹上のアンカーポイント、作業をする上でのリギングポイント、そのためのクライミングコース全体をどう見るのかを実際のコナラを前に学びます。ロープをかけるアンカーの枝の太さは、ISAでは3 Inchとなっていますが、これは樹種によって、病害虫の有無、角度によって違います。

 「Limb walk(リムウオーク)」の方法も地上で実践しました。初日は夜の講座もあるので、morinosの建物内で、日中の復習を兼ねて20:00まで机上で勉強しました。

夜の講義

夜の講義

ロープの違いについて学ぶ

 

 2日目 ランヤードの使い方やポジショニングの取り方などについて復習した後は、そこで利用されていたプルージック6コイル、シュワビッシュ、ディステルについて作り方と特質を学びました。

 ロープに対してプーリーを通して少し斜めから力を加えると、プルージックでは前後両方向に動かすたびにブレーキがかかりますが、シュワビッシュでは前に動かすのにスムーズで後ろにはブレーキがかかる。ディステルでは何度も前後するうちに緩む可能性もある。またプーリーを付ける向きを間違えるとフリクションが効かなくなる可能性が出ることなども学びました。

ランヤードについて詳しく説明する宇治田さん

ランヤードについて詳しく説明する宇治田さん

 

 再びランヤードやロープを操作してどのように移動するのか。またポジショニングで重要なとは何かを一つ一つ検証していきます。

 サドルにGearを取り付けるにも、右は命を預けないもの、左は命を掛けるもの、というように装備を振り分けるのも一案です。慣れないランヤード操作ですが、慣れれば非常に便利なアイテムです。 
ランヤードの復習

ランヤードの復習

 
 
 枝の剪定ラインやアンカーポイントについては、宇治田さんがアレックス・シャイゴ博士の「CODIT理論」に則してた説明しました。
 手ノコはどのように抜いて操作するのか。その時に自分が使用しているクライミングロープやランヤードはどうするのか、細かく説明を受けました。宇治田さんの見本作業を見たうえで、自分たちの技術確認です。ランヤードの設置も確認します。
手鋸の安全操作について説明する宇治田さん

手鋸の安全操作について説明する宇治田さん

 

 15:00頃には練習場所を森の工房に移して、様々なロープノットを最終確認しました。

 エンドノットについては、フィギュアーエイトノット、ダブルオーバーハンドノットについて実技。もちろんダブルフィギュアーエイトやバタフライノット、カウヒッチ&ベターハーフ、シートベントやクイックヒッチも確認しました。ティンバーヒッチでは5回以上幹周の半分以上まで均等に巻くことも再確認しました。

ノット確認する参加者

ノット確認する参加者

 

 最後に手鋸でのカットやチェンソーでの断幹などにまで話が及びましたが、みなさん2日間ご苦労様でした。

 あっという間ののBAT-1講習でしたが、今後も毎日練習し技に磨きをかけましょう。最後に「Tree!」の掛け声で記念撮影です。

今回もみんな笑顔で研修受講

今回もみんな笑顔で研修受講

 

 明日からはBAT-2講習です。引き続きの人もいますが、明日も楽しく学びましょう。

 以上、報告、JIRIこと川尻秀樹でした

 Basic Arborist Trainning-2のブログ

 

BAT-3Aのブログ記事

アーボリストへの道 Basic Arborist Training 3A – モリノス (morinos.net)


morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP# 501-3714 JAPAN
Phone : +81- (0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals