休館日は会議とメンテナンス

開催した日:

 みなさん、こんにちは!

 今日はmorinosの休館日の1日を紹介します。

 morinosは基本的に火曜日と水曜日が休館日ですが、特に火曜日は会議をしたり、外部視察を受け入れたり、安全安心にご利用頂くためのメンテナンス作業をしたりしています。

 今日は午前中は約3時間会議でした。会議ではこれまでの問題点の洗い出しや今後変更すべき事項、新しい試みなどを議論し合います。

 本日のメンバーは纐纈さん、伊佐治さん、安田さん、瀧上さん、大武さん、河合さん、小林さん、そしてJIRIです。

morinosの会議

morinosの会議

 

 午後からの作業はまず、ネイティヴアメリカンのティピィテント内の土砂のかさ上げです。最近の降雨で雨水がテント内に流れ込まないよう、テントの地面を少し高くかさ上げするのです。

 morinosの事務方スタッフの多くとホールアースのスタッフ、合計8名で大量の汗をかきながら土砂運搬しました。

ティピィー内をかさ上げする土砂運搬

ティピィー内をかさ上げする土砂運搬

 

 テント内は運んだ土砂で約5cm厚かさ上げできました。

 テント内に土砂が入った分、入り口が多少低く感じるようになりました。大人の方は入り口に頭などをぶつけないよう、ご利用の際は頭を下げて腰をかがめてお入りくださいね。

テント内は新しい土が敷き詰められています。

テント内は新しい土が敷き詰められています。

 

 次に取り掛かったのは木工作業所の暑さ対策です。

 morinosひろばに枝が垂れ下がるように生えてきているアカメガシワやクスノキ、クリ、バッコヤナギなどの枝をみんなで剪定して、それを木工作業所の屋根に上げました。

 木工作業所はポリカーボネートの波トタンであるため、その上に剪定した枝をを置いて木陰を作ります。

張り出し過ぎた枝を剪定して利用

張り出し過ぎた枝を剪定して利用

 

 サニー小林さんが脚立に登って、アカメガシワの枝葉を置いていたのでパチリ!

 暑い中、玉のような汗をかきながら、みんな大量の剪定枝葉を集めてくれました。

 

木工作業所の屋根に枝葉を積み上げました

木工作業所の屋根に枝葉を積み上げました

 

 木工作業を楽しむお子さんたちが少しでも木陰の快適空間で作業に没頭できるよう、天然素材で木陰を作りました。屋根の下は予想以上に涼しく、やっぱり天然素材は凄いと感じたのです。

枝葉を載せ終わった木工作業所

枝葉を載せ終わった木工作業所

 

 さて、本日の作業はここまでです。次回は何をメンテナンスすべきか。毎回、仕事がたくさんあり過ぎててんてこ舞いの私です。

 以上報告、JIRIこと川尻秀樹でした。


morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP# 501-3714 JAPAN
Phone : +81- (0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals