CONEリスクマネジメント講習【基礎編】

開催した日:

 morinosでの指導者研修CONE(自然体験活動推進協議会)の安全管理者研修、リスクマネジメント講習【基礎編】を20日に開催しました。

 基礎編のメイン講師は大西琢也さん、大西さんは岐阜県郡上市白鳥町石徹白に住んでおられる「NOP法人 森の遊学舎」を主宰されている、別名「火起師(ひおこしし)」です。

CONEリスクマネジメント基礎編で講義する大西さん

CONEリスクマネジメント基礎編で講義する大西さん

 

 講義の内容はCONEの指導書に沿ったものですが、節々に大西さん自身が経験された様々なリスクなど、実事例を紹介してくださるお陰で、よりリアルにリスクマネジメントについて学ぶことができます。

 リスクマネジメントの手順は、①リスクの確認、②リスクの評価、③リスクの処理、④結果の検証 です。

 では「気づく能力トレーニング」として下の図で、何が危険かを洗い出す。

CONEリスクマネジメント基礎編で、どんなリスクがあるかを確認

CONEリスクマネジメント基礎編で、どんなリスクがあるかを確認

 

 友人から新しい登山靴を頂いた方が、その登山靴を履いて山に行ったときに、ソール部分が壊れてしまって問題となった。この問題でもどのように改善し、次に次につなげるかが問題。

リスクの処理とリスクマネジメントの優先度はどうか?

CONEリスクマネジメント基礎編で講義する大西さん

 

◎リスクの処理として

  〇事故防止策「リスクコントロール(回避・低減・分散)」

  〇事故発生後の資金準備「リスクファイナンシング(移転・保有)」

 

 小学校の遠足登山で「道に迷った」事例で、

  リスクの回避  リスクの低減  リスクの分散 として何ができるかを考えてみてください。

道に迷った事例

道に迷った事例

 

 アメリカにはHug-a-Treeという考え方がある。

 子どもに「動くな」というのではなく、「木に抱きつけ」と声をかける。こうして陥りがちな、低体温症から子どもを守る。

北米の「Hug-a-Tree」という考え方

北米の「Hug-a-Tree」という考え方

 

 水難事故の裁判事例では、賠償命令が出ています。

 この案件でも引率者が、事前にリスクマネジメントし、当日もどのような管理し、どう回避するのか?

 裁判では①結果予測義務、②結果回避義務 が責任追及視点として重要視される。

水難事故の裁判事例

水難事故の裁判事例

 

 最後に、受講者は大西さんから修了証の授与。

 様々職種の皆さん、ご苦労様でした。

受講終了証の授与

受講終了証の授与

 

 さて、みなさん、ご自分の現場に立ち返り、リスクマネジメント上の責任者がしっかり定められているか。リスクマネジメントの管理表は作成されているか。安全管理マニュアルについて、もう一を振り返って、今後に備えましょう。

 以上報告、JIRIこと川尻秀樹でした。

 


morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP# 501-3714 JAPAN
Phone : +81- (0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals