morinos初の『ツリークライミング体験会』

開催した日:

 今日はmorinosで初めてのツリークライミング体験会でした。

 さわやかな秋空の下、ツリークライミングⓇジャパンの公認インストラクター近ちゃんに、体験会を指導して頂きました。

 最初に森に入るときに、「お邪魔します」と挨拶し、コナラの木に手をあてて「よろしくお願いします」と言い、ツリークライミングについて説明を受けたら、いよいよ安全のためのスリップ・ノットを学んでクライミングです。

ツリークライミングの説明を受ける参加者

ツリークライミングの説明を受ける参加者

 

 今回の参加者のご家族は、ツリークライミングの才能がある方たちばかりで、フットループに脚を掛けて、すいすいと樹上にクライミングされました。

すいすいと樹上にクライミングする参加者

すいすいと樹上へクライミングする参加者

 

 今回は4名の方だけですので、何度もロープを変えてクライミングし直したりもしました。同じくらいの高さで一緒になった4人で、「ハイ・ポーズ」と記念撮影しました。

樹上で「ハイ・ポーズ」

樹上で「ハイ・ポーズ」

 

 樹上に張られたツリーボートを目指したお子さんは、目的のツリーボートに乗ってご満悦。「このままでは寝てしまう~ぅ!」と言いながらも、ゆったりとした時間を過ごしていました。

ツリーボートで一休みするお子さんたち

ツリーボートで一休みするお子さんたち

 

 お子さんたちの楽しそうな雰囲気に続いて、ママとパパもツリーボート体験!

 安心して乗ることができて、結構気持ちいい!

お子さんに続いてママとパパもツリーボート

お子さんに続いてママとパパもツリーボート

 

 降りるときは「クライミング・ダウン」と言うのですが、「降りたいです」と言われると、地上スタッフがエイト環というビレイ道具を利用して、安全に下ろしてくれます。

樹上から降りるときは、ビレイをしてもらって

樹上から降りるときは、ビレイをしてもらって

 

 クライミングが終わったり、登らしてもらったコナラに「落ち葉掛け」をしてお礼します。

一回だけなく、自主的に何回も遠くから落ち葉を運んで掛けてくださいました。ありがとう御座いました。

クライミングが終わったら「落ち葉掛け」

クライミングが終わったら「落ち葉掛け」

 

 フィールドで最後に、クライミングしたコナラの幹に手を当てて「ありがとう!」と言いながら、幹の肌触りや暖かさを感じてもらいました。

コナラに触れて「ありがとう」

コナラに触れて「ありがとう」

 

 本日、うまくツリークライミングされたことを証明した「コングラチュレーション・カード」、通称「コングラカード」を、近ちゃんから一人ずつ受け取りました。なお、本日はmorinosの記念すべき体験会でしたので、大きな松ぼっくりとエビフライもプレゼントさせて頂きました。

コングラチュレーションカードをもらいました

コングラチュレーションカードをもらいました

 

 最後にツリークライミングⓇジャパンのバナー前に、全員で記念撮影です。

 西日が射す中、決め言葉は「Tree(ツリー)」です。

最後はバナーの前で記念撮影

最後はバナーの前で記念撮影

 

 今日はツリークライミングイベントにとっても、参加された方々にとっても、本当にいい日和でした。ありがとう御座いました。

 以上報告、JIRIこと川尻秀樹でした。

morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP# 501-3714 JAPAN
Phone : +81- (0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals