「今日生きていて、おめでとう。さあ、後悔しない生き方を」湯川カナさん講演会

開催した日:

『弱みが最強のチームをつくる』と題して、湯川カナさん(リベルタ学舎代表兵庫県広報官)をお招きして講演会を行いました。

湯川さんとは、以前神戸・六甲山で活動していた際に出会い、「同い年だけど、波乱万丈の人生を歩んできた面白い人だなぁ」という印象でした。その後、互いの活動を遠くで眺めつつ、一度神戸で湯川さんの企画を手伝ったことがあり、「これで貸しができた」とばかり、今回多忙の中、お願いしたところ、調整して初めて岐阜県に来ていただきました。

スタッフ含め、16名という少人数でスタートするや否や、湯川さんから「morinosは交ざり場だそうで、皆さん、交ざりましょう。なるべく知らない人同士となるよう、席を移動してください。」と、早速、ジャブが飛んできました。
湯川カナさん講演風景

前半は、湯川さんの波乱に満ちた半生の紹介。
長崎出身で東大合格を目指すも失敗し、それでも早稲田に入って司法試験合格を目指し、これも失敗。
就職活動をしておらず、友人に誘われたベンチャー企業が、あの「Yahoo!JAPAN」で、創業メンバー・社員第1号になりました。

猛烈に働き、当時6000万円になるというストックオプションを得るも、「このままでは死んでしまうかも」と思って、24歳で会社を辞めてスペインへ。10年間フリーライターとして過ごす中で、出産・子育ても経験します。
日本にない、ヨーロッパの「自由」+「平等」+「博愛」と助け合う文化を知るも、政情不安から命の危険を感じ、10年過ごしたスペインを後に帰国しました。

2013年、神戸で「リベルタ学舎」を設立するも、1年で経営破綻。その後離婚も経験します。
現在、再興したリベルタ学舎の代表を務める傍ら、週2日、兵庫県広報官としても活動しています。

ソーシャルイノベーター?湯川さん略歴紹介

さて、講演の中盤からは参加者同士のグループセッションも行われました。
最初のワークは、それぞれの「弱み」を出し合い、それを他のメンバーが「そんなところが可愛い!」と受け止めます。
できないこと、苦手な事をさらけ出すのは恥ずかしい、苦手は克服するべき、という考え方が多い中、この「可愛い」のリアクションは、想像以上に嬉しいものです。また、弱みに対して「もしそんなんあったらめっちゃ幸せ!」という新サービスを考えよう、というセッションも行われ、盛り上がりました。

その後、これからは人生100年時代が到来すると予測される一方、誰も予想できない不確実な社会になるという話題に。
そんな中、未来を確実に予想する方法が1つある、と湯川さんが言います。

それは、湯川さんが好きな言葉だという、インドのマハトマ・ガンディーの言葉。

『見たいと思う世界の変化に あなた自身がなりなさい』
 ーBe the change you want to see in the world.

・後悔しない生き方をするために、あなた自身の「好き」を価値にすること。
・好きかどうかはやってみないとわからない。まずはやってみること。
・やりたいことで、人の役に立つ。
・私たちがいま、生きているということ。それは、私たちには誰も、生きる知恵と力がある。

さあ、いま・ここからいろいろなみんなとあなたが幸せな未来を作ろう

交ざり合うことで、それぞれの「弱み」を補い合い、チームの強みに変えていけるのでは。
morinosが大切にしていることが間違っていないことを確かめることができた気がします。

沢山の「可愛い」と「楽しい」そして「勇気」をくれた、湯川さんと、この場に参加してくれた皆さんに、拍手!

morinosスタッフ ウォーリー


morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP# 501-3714 JAPAN
Phone : +81- (0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals