• ホーム
  • イベント
  • morinosカフェVol.7 山村・教育・NPO~食えない3点セットの奇跡~

morinosカフェVol.7 山村・教育・NPO~食えない3点セットの奇跡~

開催日:

今年度morinosカフェ2回目のゲストは、長野県泰阜村に移住して28年、山村留学や山賊キャンプで有名になり、過疎の村を舞台に教育の産業化に尽力してきた、NPO法人グリーンウッド自然教育センターの辻英之さん。

当初、地元の人からは「何もない村」と言われていた中で、都会からの子どもを1年間「山村留学」として受け入れてきました。ここでは、泰阜村の自然を舞台に、村の人々が自然と向き合い、暮らしてきた営みを“教育の材”として次世代に伝えていこうという活動をしています。

薪割り体験

田植え風景 集合写真 山賊キャンプ

また、夏休みを中心に3日~1週間ほどの「山賊キャンプ」も実施しており、毎年1,000人の子どもを受け入れてきました。

自然の中で地域の人々や仲間と密に関わり合い、総合的に学んでいく。これからの時代に必要な生き抜く力をここで学んでいます。ところが2020年から拡大しているコロナ禍で、活動に大きな影響を受けていると話す辻さん。山村・教育・NPOという「食えない」と言われた3点をセットにして教育の産業化を成した奇跡を語っていただきます。

森を舞台に教育を産業化するためのヒントや、暮らしからの学びの可能性をゲストと一緒に考えてみませんか。

【ゲストプロフィール】

辻 英之(つじ ひでゆき)さん NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター代表理事
辻英之さん

1970年福井県生まれ。人口1600人の泰阜村に移住して28年。「何もない村」における「教育」の産業化に成功した。村の暮らしの文化に内在する教育力を信じぬき、関わる人々全てに学びがある質の高い教育を提供する傍ら、青森大学特任教授・立教大学非常勤講師など講演・講義に全国を飛び回る他、「泰阜村総合戦略推進官」として「教育立村」の実現に向けて奔走する日々である。
著書「奇跡のむらの物語 1000人の子どもが限界集落を救う!」(2011年 農文協)

●開催概要 ————————————–
【開催日時】2021年8月29日(日)10:00-12:00(9:30受付開始)
【開催場所】morinos(森の情報センター)
【対  象】高校生以上(未成年者は保護者同伴)
【料  金】無料
【定  員】30名(先着)
内容:ゲストからの話題提供、フリーディスカッション
その他:当日、Facebookページからのライブ中継、ならびに後日オンライン配信を予定しています。

●申込方法————————————–

お申し込みフォーム
※こちらのフォームからお申し込みください。

●問い合わせ先————————————–

岐阜県立森林文化アカデミー事務局内 森林総合教育課(morinos)
受付担当:大武圭介(おおたけ・けいすけ) NPO法人ホールアース研究所

〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地
Tel:0575-35-3883(火・水休所)
E-mail: morinos@wens.gr.jp


morinos
  • モリノスfacebookページ
  • モリノスYouTubeチャンネル

住所:〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 (森林文化アカデミー内)

MAP

電話番号:0575-35-3883

ファックス:0575-35-2529

Address : 88 SODAI, MINO-SHI, GIFU-KEN, ZIP# 501-3714 JAPAN
Phone : +81- (0)575-35-3883
Fax:+81-(0)575-35-2529
岐阜県立森林文化アカデミー
ぎふ木遊館
Sustainable Development Goals